DOTLOG

MovableType7(MT7)beta3触ってみた

どうも、タニです。
今日は1ヶ月半ぶりくらいにかなり暇な1日でした。ようやく落ち着いた。。

そろそろMovableType7を触っておこうと思っており、
beta3が4月4日にでていたので、実際に軽く使ってみました。

ということで、今回は、MovableType7 beta3の構成とか、触ってみた所感を書いていきます。(4月9日現在)

6.x系と何が変わったのか

7.xからは、ブログというものがなくなり、新たにコンテンツタイプというものが実装されました。

コンテンツタイプというのは、簡単にいうと、MT6でいうブログです。笑

サイトの要素パーツを一つにまとめたものになります。
たとえば、商品ページだと、商品名、商品画像、原価、売値など
新着情報だと、日付、新着の内容、リンク先など

各項目を1セットにしたものがコンテンツタイプになります。

その他、コンテンツタイプに関係あるものを書いておきます。

Content Data

  • コンテンツタイプごとにサイドバーのアコーディオンメニューのところにでてくるようになる
  • ここで各コンテンツタイプに沿ったデータを入れ込んでいく
  • ブログの記事、ウェブページのようなもの

Category Sets

  • コンテンツタイプごとにカテゴリを指定できる
  • ブログの記事とかウェブページのカテゴリのようなもの

Content Type Templates

  • デザイン > テンプレートに新たに追加された
  • コンテンツタイプを選択して、カテゴリ毎、日別毎、ユーザー毎などのページ作成できるように、アーカイブパスを指定することが可能

テンプレートの例

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>カテゴリテスト</title>
  </head>
  <body>
  <MTContents>
    <div style="margin-bottom: 100px;">
    <MTContentFields>
      <MTContentField>
      <div>ラベル:<$MTContentFieldLabel$></div>
      <div>タイプ:<$MTContentFieldType$></div>
      <div>内容:<$MTContentFieldValue$></div>
      </MTContentField>
    </MTContentFields>
    </div>
  </MTContents>
  </body>
</html>

ラベル名基準にMTIfをつかえば、設定した項目ごとに出力なんてことも簡単にできます。

まとめ

本当に軽くしか触ってないですが、コンテンツタイプが便利だなぁと感じました。
前よりもシステムライクになったなぁと思いました。ブログをより簡単に作れるようになった感じですね。

そして、再構築が早くなったかも。
何百ページも作って試したわけではないのですが、少ないページでも前より早いかなぁという印象です。
このあたりもテストで何百ページとか作って試してみたいですね。

まだまだ触れてない部分もあると思うので、また触ったときに記事したいと思います。
次の記事は本リリースされてからかもです!

ではみなさん、素敵なMTライフを!!

COMMENTS

TOP